包茎手術

包茎手術の利点と包茎の難点。

包茎手術の利点と包茎の難点。

 

 

近年の研究によって、男性の早漏や勃起不全の大半が
ストレスや心理的な不安が原因だと言われ始めています。
性行為の際、ちょっとしたした不安やストレスが引き金となり、性行為が
無事行えなくなる事があります。
ストレスや不安材料の一つとして男性側が
気にしてしまうのが、いわゆる包茎です。
包茎という状態は自他共に発覚しやすいビジュアルを持っています。
女性にもバレやすいコンプレックスの一つであり、包茎の男性器は
女性の目線からも未熟な男性器に見えてしまい、性行為の意欲が
減ってしまうケースもあります。
また包茎という状態のまま、長い期間過ごしていると、
男性器が外部からの刺激に弱くなるというデメリットが生じます。
皮が常に男性器を守ってくれているがゆえ、それが逆効果となり、
性行為の際のちょっとしたタッチ等にも、敏感に反応してしまい
早漏という状態に陥りやすい悪影響が発生します。
包茎はそれ単体では全然悪くない状態ですが

発覚により性行為の雰囲気を壊してしまう恐れがあり、また早漏になりやすい
というデメリットを常に抱えているという側面があります。
真性包茎などは特にリスクが高いと言われており、
早漏や勃起不全との因果関係が指摘されています。
包茎を改善してくれるサービス、いわゆる包茎手術のプランの利用を
ポジティブに考えてみるのも良いでしょう。
手術と言っても危険性を伴うものではなく問題となる皮を
単に切除するスタイルが殆どで、痛みや副作用もないので安心です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ