包茎が意識され出したのは戦中から

包茎が意識され出したのは戦中から

包茎が意識され出したのは戦中から

包茎が意識され始めたのはいつのことからでしょう。
江戸時代は今のイメージとは違って、庶民は性についておおらかでしかもかなりの確率で包茎だったようです。
ところが、それを気にしている人はいなかったと考えられます。
それが変わったのは戦争による徴兵制の影響が大きかったといいます。
徴兵される時は徴兵検査という身体検査がありました。
その時、男性器も検査されたんです。
それは性病になっていないかどうかを検査していたんですが、みんなの前で検査されているのに剥けないとかなり恥ずかしいものだったようです。
包茎だと恥ずかしいというのは、その時から男性の間で広まったのだといいます。
その後、泌尿器科で包茎手術が行われるようになりました。
泌尿器科で一番ポピュラーな手術が包茎手術というくらいになったんです。
ポピュラーな手術として実にシンプルな手術だったものが、いまはさまざまな技術が登場し進歩しています。
傷などが目立たないスマートな手術になり、手術がこれまでより受けやすくなっています。
保険が適用されればかなりリーズナブルに手術を受けることができますが、それは真性包茎など治療が必要な場合に限られます。
仮性包茎の多くは自由診療ということになります。
手術を受けるのは一生に一度のことなのですから、できれば腕の良いドクターに執刀してもらいたいものです。
今はインターネットで検索すれば口コミなどをチェックすることもできます。

情報を収集して後悔しない包茎手術を受けたいものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ