温泉での恥ずかしい思いから包茎手術を決意

温泉での恥ずかしい思いから包茎手術を決意

温泉での恥ずかしい思いから包茎手術を決意

それまで自分でも包茎だと思っていたものの、誰に指摘されたわけでもないのでこのままでもいいと思っていました。
修学旅行は4人グループで1室でしたが、それぞれシャワーだったので誰かに見られたということはありません。
それで皮が被っていても大したことはないと思っていたんです。
ところが、家族で温泉旅行に行った時のことです。
露天風呂に入ろうとしたら先客がいました。
かなり年配のおじいちゃんだったのですが、あれを見るなり笑いだしてしまったんです。
いわく、「しっかり丁寧に包まれとる」「これは大事な息子だ」と笑いながらいいんです。
そして、慰めるように、「自分で剥いていれば剥けるようになる」と言っていました。
後にも先にもあれほど恥ずかしかったことはありません。
自分では大丈夫だと思っていたのに、人から見るとそう見えるのだとしっかり認識しました。
もうあんな恥ずかしい思いはしたくなかったので、温泉旅行から帰ってすぐに包茎手術のことを調べました。
自宅からすぐのところにも何軒かメンズクリニックがありました。
メールで問い合わせてみたところ、説明は丁寧ですごく納得することができました。
プライバシーにも十分配慮してくれるというので、メンズクリニックで知りたいことをカウンセリングで全部聞く勇気が出ました。
それから包茎手術までは話がトントン拍子に進みました。
手術当日はするんじゃなかったと後悔もしましたが、今はやってよかったと思っています。

いまコンプレックスを持っている方は、一度カウンセリングを受けることをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ